2009年11月27日

「娼年」

娼年.jpg
娼年 石田衣良


題名を見て想像していた話しとは違った。

正直、男性が男性に自分を売る話しだと・・・。

実際は女性を相手にするボーイズクラブで働く男の子の話し。

ありえない設定、ありえない主人公、ありえないオーナー、ありえない女の子。

とにかく現実味が無い。

なのに面白かった。

心臓がぎゅっとなる部分がたまにある。

不快だと思う人もいるかもしれない。

外から眺めていたい世界。

間違っても関わりたくは無い。

一番まともであろう主人公の友達の女の子が

逆に変で、間違っていて、迷惑だと思ってしまうような

どろどろねちゃねちゃしたお話し。

なのに読み終わったときスッキリした。




パートナーエージェントの婚活
京都の旅館・人気ランキング
バイク買取ゲオモトソニック
やずやのサプリランキング
マツダMPVの買取車査定
posted by 秋桜 at 18:32| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
彼氏の作り方
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。